偏頭痛での問題行為

 
偏頭痛で我慢できなくなったので治療薬を飲むという間違い。
ずっと続く頭痛の痛みを抑えたくて毎回治療薬を飲むという間違い。
いつ発作が起きるかわからない不安から予防的に治療薬を飲むという間違い。
これらは、頭痛持ちの人は案外普通にやってしまっていることなんですが、
実は偏頭痛を抑えるどころか、逆効果になりかねない問題行為だって
知っていましたか?
でもさらに大きな問題は、このような方法では一生頭痛は治らない、 ということです。

なぜ、治療薬を飲み続けることが問題なのか

偏頭痛が起きると脳では痛みを制御しようとする作用が働きます。
しかし、薬を飲みすぎるとこの作用が乱れ、
治まるどころか、かえって痛みを誘発してしまうことが分かっています。
もともと頭痛は症状も状況も人それぞれです。
偏頭痛だけでなく、緊張型頭痛を併発していたり、
神経系の症状が絡んでいたりなど、それだけでなかなか手ごわいものです。
にもかかわらず、頻発する偏頭痛に対し、自己判断で市販薬を続けていると、
効果は不安定になり、やがて薬そのものによる頭痛が誘発されてきます。
しかも、治らない⇔薬を繰り返すことで、知らない間に重症化し、
救急搬送などというケースも珍しいことではないんです。
そこまでいかないにしても、薬によって症状がさらに複雑化すると、
医師でさえ原因を特定することが一層困難になるのです。

根本的な問題とは

偏頭痛が起きた時、薬に頼りたい気持ちはよくわかりますが、
そもそも、頭痛治療薬は炎症やそれに伴う痛みなどが起こったとき、
それを抑えるための対症療法薬です。
けっして、原因そのものを治す薬ではありません。
いくら治療薬を飲んでも原因が改善され、頻度が減ることはないのです。
原因が改善されなければ、一生頭痛と付き合わなければなりません。
もう一度言います。
原因が改善されなければ、状況はこの先もずっと変わらないのです。

体調面からの克服

つまり、起こってからの対処ではなく、体調そのものが改善できたことが、
実感できるようにならなければ、いつまでたっても今のままの辛い頭痛と
付き合っていかなければなりません。
『ずきしらずの実』はそんな”ならない身体”を目指して開発されました。
主成分は夏白菊(フィーバーフュー)、にがり、オオイタドリで、
長年の研究の結果、体のリズムを整える、体調不良を和らげるなどの作用が
最大限に発揮されるようにバランスよく配合することで、
モニター実感度は実に90%を超えるという結果が得られています。

継続への安心感とは

北の快適工房は一時的な対処療法ではなく、体調面からの改善を考え、
実感度が高かったものだけを商品化しています。
ですから、健康管理士や専任アドバイザーなどによるサポートも充実し、
安心して続けていくことができるのです。
それに、全額返金保証(※お試しコースのみ)制度もありますから、
リスク無しで、まず試してみることもできるのです。
もし体調不良が克服できたのであれば、コスパもよいと思いますが、
それでも、気になるという方には、20%オフなどの経済的なコースも
用意されています。

いつまで我慢し続けますか

想像してみてください。薬も効かず病院での治療も困難になり、
頻発するひどい痛みを我慢し続けるしか無い人生を。
決して大げさではありません。
事実、薬を飲んでも治まらないとか、病院でも異常がないとか言われ、
でも現実にひどい痛みから、助けを求める声がネットにあふれていませんか?

体調が安定し、頭痛が起きる事そのものを抑えることができたのならば、
不安な薬物だけに頼るということもなくなるでしょう。
そうなれば、いつ襲ってくるかわからない変調におびえる必要もなくなります。
家事、育児、仕事に支障が出るという不安も解消されます。
痛みの辛さを理解してくれない家族に失望したり、職場の同僚・上司に
気を使わなくてもよくなります。

ですから、
・鎮痛剤を飲むことで、とにかくその場をしのいできた。
・薬を飲み過ぎて、市販の鎮痛剤が効かなくなってきた。
・長い間ずっと苦しめられてきた。
・パソコンなどの仕事のせいで、頭が重たい感じがする。
そのような方には、まずは試していただきたいのです。

もう頭痛で悩むのは終わりです
まずはこの『ずきしらずの実』お試しください


ただし、ご注意ください。
即効性をご希望の方には適していません。
そのような方には、まずご満足いただけないと思います。
ですが、一時的な効果ではなく、先を見据えた対処をお望みであるならば、
約90%の方が実感されている
北の快適工房の『ずきしらずの実』をお役立てください。

もう頭痛で悩むのは終わりです
まずはこの『ずきしらずの実』お試しください



 

  • 用語一覧

頭 痛
一次性頭痛     ・二次性頭痛     ・神経疾患頭痛
慢性機能性頭痛   ・偏頭痛       ・緊張型頭痛
群発頭痛      ・閃輝暗点      ・セロトニン
エストロゲン    ・月経前症候群    ・薬物乱用頭痛
頭痛日記      ・受診時の注意

慢性頭痛以外の頭痛
くも膜下出血    ・脳腫瘍       ・髄膜炎
慢性硬膜下血腫   ・巨細胞性動脈炎   ・低髄液圧性頭痛
急性緑内障     ・副鼻腔炎      ・顎関節症
後頭神経痛     ・三叉神経痛     ・二日酔い

頭痛の原因・誘因
ストレス      ・肩こり・首のこり  ・視力お酒        ・気圧の変化     ・気候の変化
タバコ       ・光と音       ・遺伝
生理        ・完璧主義      ・食事
ピル        ・寝過ぎ       ・ブランチ
ダイエット     ・食品        ・週末頭痛        ・一次性労作性頭痛

頭痛の対処関連
姿勢        ・運動        ・睡眠
冷やす       ・安静にする     ・カフェイン
ハチマキ      ・ボトックス     ・有酸素運動
腹式呼吸      ・温める       ・お茶
         ・アルコール     ・マッサージ
純酸素吸入法    ・サプリメント    ・アロマテラピー
ツボ

頭痛関連薬剤・成分
頭痛薬       ・予防薬       ・発作頓挫薬
漢方薬       ・鎮痛薬       ・非ステロイド性消炎鎮痛薬
ピリン系鎮痛薬   ・非ピリン系鎮痛薬  ・カルシウム拮抗薬
・β遮断薬      ・アミトリプチミン  ・セロトニン作動薬
・エルゴタミン製剤  ・トリプタン製剤   ・群発頭痛治療薬
・筋弛緩薬      ・抗不安薬・抗うつ薬 ・アスピリン
・イブプロフェン   ・アセトアミノフェン ・エテンザミド
・スルピリン     ・イソプロピルアンチピリン
・スマトリプタン   ・ゾルミトリプタン  ・リザトリプタン
葛根湯       ・桂枝人参湯     ・桂枝茯苓丸
五積散       ・呉茱萸湯      ・五苓散
柴胡桂枝湯     ・真武湯       ・川キュウ茶調散
大柴胡湯      ・釣藤散       ・当帰四逆加呉茱萸生姜湯
当帰芍薬散     ・半夏白朮天麻湯   ・苓桂朮甘湯

ツ ボ
百会        ・第2頚椎点     ・天柱
頷厭        ・懸顱        ・懸釐
風池        ・完骨        ・肩井
曲垣        ・膏肓        ・内関
丘墟        ・臨泣        ・行間

栄養素・サプリメント
ビタミンB群    ・ビタミンB1    ・ビタミンB2
ビタミンB6    ・ビタミンB12   ・ナイアシン
葉酸        ・マグネシウム    ・DHA・EPA

ラベンダー     ・ローズマリー    ・マジョラム
ペパーミント    ・フィーバーフュー(ナツシロギク)
バジル       ・サイプレス



なお、当サイトは一般的な見方を示したものですが、
内容を保証するものではありません。
治療などに際しましては、必ず専門医を受診し
その指示に従うようにお願いいたします。

 

 

 
inserted by FC2 system